上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は個人的なレビューをw

お題はAvenged SevenfoldのDiamonds In TheRoughのアルバムの事です。

この中に収録されている曲は未発表曲で、

正式にまだ出していない曲だそうです。

イマイチ俺にはその位置づけがよく分かってなかったりしますがw

あと4thアルバムに収録されている、

Almost EasyとAfterLifeのRemix版みたいなのが入ってます。

俺的にオリジナルの方が好きかも・・・w

では追記に。


















最初に言っておきますがこれは個人の意見でなおかつジコマンですw

あくまでこれは俺の感想、と言うことで話を進めて行きましょうw


結果から言うと完成度は今までの中でも一番高いと思います。

個人の技術力も上達しているでしょう、

誰もマネ出来ないボーカルシャドウズの渋いしゃがれ声を、

リードギターでテクテク言わせてギターが一緒に歌っているかのようなシニスター

それを抜け目無くリズミカルにカバーするザッキー

縁の下から盛り上げるベーシストジョニー

そして複雑なテクを込み入れアピールしながらも雰囲気を壊さないレヴ

技術力が向上しているとはいえ変にでしゃばらずバランスが上手く取れていて、

全体的に底上げされていると言った印象でした。



そしてこのバンドの持ち味である疾走感はもちろん健在!

これは世界でもトップレベルだと思っていますw

これこそが俺が一番このバンドが好きな理由です。


確かに激しいバンドはいくらでもあります、

A7Xの1stアルバムの頃も激しさだけで正直聞けたものでは無かったですw

でも3ndの頃からのA7Xはメロディアスな激しさなんです。

曲の静かな部分と激しい部分、

それを上手くつなげて一つのメロディにする、

これこそがこのバンドの持ち味であり、

最大の武器なのではないでしょうか。

そして2ndアルバムこ頃から見せ始めた曲のカッコよさ、

4thの頃から見せ始めたポップ性など全ての要素が融合して、

激しいのにメロディアスで聞きやすくカッコ良さも損なわない

まさに一つの分類の完成形といえるのではないでしょうか。


ただ1つ引っかかる点といえば、

どこかパクリっぽい感じがあるところです。

確かに完成度は高いです、

でもどこか聞いた事があるような・・・

もしかして彼らもこれを感じて正式に発表しなかったのかも知れませんし、

他にも理由があるのかも。

でも個人の技術が向上してるのは間違い無いですし、

俺はA7Xがどんどんいい方向に向かっているでしょう、

必ずこのバンドはいつかビッグになって上に行くと思っています。




以上でレビューとしますw

これからの彼らの躍進に期待です、

ではでは

おつかれーぃす
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
LVE映像見たけどベースのアタック音が大きいねww



ついでに、Slipknotも似たようなバンドだから聴いてみるといいよww
2009/05/21(木) 20:59 | URL | noppo #-[ 編集]
さすがベーシストnoppo殿w
あんまり前に出てこないジョニーに食いついて来るとはw


友達にもそっち系の奴が多いので、
メジャーなノットは結構色々聴いてみたもののなんか違う・・・って気がしてw
でもBefore I ForgetとDuality、
あとマンソンとRemixしたThe Fight Songは好きですw
2009/05/22(金) 00:01 | URL | domin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dominbeetle.blog116.fc2.com/tb.php/321-8ae86006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。