上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は考えることと言えばバイクばっかりで、

将来あんなパーツつけたいとか、

こんな塗装がいいとか、

夢ばかりが先行してしまっています。



自分がバイクを買うのは、

お金に余裕があれば」の上の大前提です。

若干最近はクルマの事とかがほったらかしですが、

多分いつかバイクは飽きてクルマに戻ると思います。

まぁまぁ今日は、

今膨らみまくってる妄想をここで少し発散しておこうと思います。

ゴリゴリのバイクネタ&グダグダ必須なので、

半数以上の方が途中で飽きてくると思いますw

まぁ自分が欲しいと言ってるバイクはご存知の通り、

NSR250Rというヤツなんですが、

年式や型やグレードなど細かく分けられています。

今日はならべくそれを噛み砕きながら書いていこうと思っています。



では早速行きますか、

まずは初代NSR250Rから。

090201nsrmc16.jpg

1986年、

NS250R(同じ名前に見えるかも知れませんが一個Rが足りないw)の、

フルモデルチェンジ車としてNSR250Rは誕生しました。

MC16という型です。

デザインも古めかしくて、

80年代を感じさせますね(おめーいつの人間だ、ってツッコミは無しの方向でw

製造期間も1年程度と短いので、

玉数も少ない上年月が経っているので、

生で走っているところを見れたらラッキーですね。





次に参ります。

090201nsrmc18.jpg

これが1987年11月に誕生した、

2代目NSR250R、MC18です。

先代とのパッと見の違いはフロント部分ぐらいのものですが、

実はほぼ全てのパーツが見直されているそうです。

こんなちっちゃなカウルの中身は別物というのですから、

バイクって相当色んなモンが詰まってるのだなと今更痛感w

そしてMC18の中にもまた分類があって、

1988年に製造された「88'NSR」と

1989年に製造された「89'NSR」、

この二つに大きく分けられます。

そして88'NSRの一般的に知られている改造として、

配線1本追加するだけで、馬力が約1.3倍になる」という過激なものでした。

イマイチピンと来ないと思うのですが、

簡単に言うと280馬力の日本車が同じ加工をすれば、

373馬力にもなる、と言ったところです。

しかしもちろんの事ながらそれは車両解析によりバレてしまい、

ライバルであるヤマハ、スズキからクレームw

それにより89'NSRではその過激なセッティングは改良されました。

そして89'NSRからSPというスポーツモデルが加えられました。

マグネシウムホイール、乾式多板クラッチが装備され、

より一層戦闘能力を高められたのです。




次です。

090201nsrmc21f.jpg

1990年2月(今月で丁度19年前になる)にMC21型NSR250Rが誕生しました。

フロント周りの印象と、

一番特筆すべきはなんと言っても「ガルアーム」への変更です。

090201nsrmc21r.jpg


チャンバー(マフラーの根元の大根みたいなところ)のスペースを考慮し、

アームを「へ」の字へと屈曲さえたのです。

そしてより扱いやすくマイルドは出力特性へと改良されたのです。

誕生から2ヶ月後である1990年4月、

スタンダードモデルに加えSPのグレードが追加されました。

そしてさらにその11ヶ月後の1991年5月、

スタンダードモデルとSPの中間的存在として、

SEというモデルがさらに加えられました。


SEは乾式多板クラッチ・減衰力調整機能点きサスペンション、

SPはSEをベースにマグネシウムホイールの装備を追加されました。




次で最後です。

090201nsrmc28f.jpg

090201nsrmc28s.jpg


これが1993年に誕生した、

NSR250Rの最終型であるMC28です。

何も知らない人がパッと見で先代MC21と見分けるのは難しいと思います、

最も大きな外見の変更といえば、

先代で進化を果たしたガルアームをさらに改良し、

片持ち式となるプロアームへの変更です。

主な他の変更点といえば、

カードキーを採用したことです。

これ一つでハンドルロックやエンジン始動ができるのです。

しかも競技用カードキーを使えば簡単にエンジンの特性を変えることも出来ました。

グレードは先代と同じくスタンダード,

SE、

SPの3つです。

ちなみにSPのフロントサスペンションはさらに進化していて、

路面追従性を高め、

さらに工具無しで調整できるたニューカートリッジタイプを採用しました。








1990年代後半、

排ガス規制などが注目され

ホンダは全てのマシンをクリーンな4ストにする事を決めました。

そして1999年を最後に販売が終了され、

NSR250Rはその歴史に幕を閉じました。

いまでは2ストのレーサーレプリカのバイクを新車のラインナップに並べる事は出来ないため、

希少価値も高まり、

愛好家達の間で横流しされてしまうため、

20年近く経ったいまでも新車より高く売られていたりすることも不思議ではありません。


一通り説明はしましたが、

人によってはMC21にガルアームにしたり、

MC28のカウル(ボディのこと)を装着したり、

改造したりして原型を留めていないことが多いです。

なので今まで自分が説明したことは目安程度に捉えてくださいw

じゃあ最初からこんな記事書くなって?

お黙りなさい^L^







そして自分が乗りたいのはNSR250Rの最終型のMC28で、

カラーリングはロスマンスカラーが第一希望です。

さっき説明の時に貼った(これ)物ですね。

やっぱりこの形、この色がNSR250Rの中で一番好きです。

「もしNSR買うならこれだ!」っと、

心の中で決めているのですが、

まさかここで思わぬ問題にぶつかったのです。


その原因がこいつです↓










090201nscbr1.jpg

え?wwNSRは??wwwww




いえいえ、これも列記としたNSR250Rなのですw

さっきのおさらいです、

リアアームやチャンバーをよ~~く見てください、


ね?NSR250Rでしょ?w

これは「才谷屋ファクトリー」から出てるパーツで、

外見を「CBR600RR風」にイメチェンすることが出来るのです!!




090201nscbr2.jpg

090201nscbr3.jpg


いや~これは最強にカッコいいww

しかもカッコいいだけでなく、

さらに大きなメリットもあります!

これはMC21、MC28のボディカウルとして発売されていて、

もし装着することになったとしたら元のボディカウルは外してしまいます。

つまりそれは中古車を買う時、

カラーリング、年式にはこだわる必要がなくなるのです!



これにより欲しいNSR250Rの条件は、

MC21、MC28だけになります。

これで一気に狙える中古車の玉数が増えますね^A^

実はというとMC28ロスマンスカラーは人気が高いため、

中古NSR250Rの中でも値段が高価なのが多いのですな・・・・


ですがこのボディカウルの元を取れるほどの低価格、

なおかつ状態の良いMC21、MC28を見つける事さえ出来れば、

安価で自分の理想のバイクを手に入れれるのです!


ですが実はメリットばかりではなく、

少し引っかかる事も存在します。

それはNSR本来のカッコ良さを否定してしまう事です・・・

当たり前な事ですがこのボディカウルを装着してしまうと、

NSR本来の姿はガレージの奥に眠ることとなります。

もちろんNSRの良さはボディのカッコよさだけではありません。

2ストエンジンだったり、

その速さであったり・・・・

でも新車でNSR250Rより安いCBR600RRがあったとしても、

やっぱり高い金出してでもNSR250Rに乗りたいです。

なのでCBRに乗る気はさらさら有りません。

だからと言ってNSRのボディカウルを剥がしていいものか・・・



でもやっぱり自分が乗るバイクは自分が思う最高にカッコいいマシンであって欲しい、

だから自分が一番カッコいいと思うパーツをつけてあげれば、

NSRもきっと喜んでくれるんじゃないかな。



今のところこれが今の自分の答えです。

もっと時間をかけて自分の気持ちを研磨しようと思います。





ちなみに余談なのですが、

このカウルを購入され、

さらに自分でロスマンスカラーにペイントされた人がいるのです!

それがコチラです。

090201nscbrroth1.jpg

090201nscbrroth2.jpg

ガチでカッコよすぎるw

ちなみにサーキット仕様らしいので、

ライトは隠されてるたいです。


これを見るとすこし気持ちがこっちに寄ってしまいますねw

まぁペイントは出来ないですがw




以上自分の妄想談でした!w

あくまで「お金に余裕があれば」の大前提の上って事をお忘れなくw


やっぱりNSRってイイね!

ではでは、

おつかれーし
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ついさっきまでReiさんとMPでバイクについて語ってましたwww

さすがwwNSRくわしいですねwww

個人的には規制前のGSX-R400Rのカラーリングがツボですww
2009/02/03(火) 03:05 | URL | noppo #-[ 編集]
ロスマンもいいけれど自分はレプソルが好きです^^

って…

知らないうちにNSRマニアになっちゃいましたねW
2009/02/03(火) 07:08 | URL | ラッキョ #-[ 編集]
>>noppoさん
うおw
自分もNAGASEに残っておけば良かったww
NSRの事は頑張って色々調べました、
まぁ記事の内容はwiki丸写しに近いでs(ry w
NSRを持ってる人の改造日記とか見て自分なりに勉強してます、
まぁほっとんど意味分かんないんですけどねww

GSX-R400R調べてみたんですが、
なんかFCR900っぽくてカッコいいですねw
カラーリングについてはどれが規制前かわからなかったです><;
noppoさんもバイクの記事書いちゃいなYO!w

>>rakkyoさん
むー確かにレプソルもカッコよすw
ところでrakkyoさんが昔乗ってたNSR買い戻して俺にくr(ry

レプソルもいいですが、
自分にとってロスマンスカラーには、
実は深い思い入れがあったりするのですな。
と言うのもルマン栄光のマシン、
ポルシェ962Cもロスマンスカラーを採用していたのです!
これも踏まえてロスマンスに決めましたw

そして私の事はマニアではなくエンスージアストとお呼びなs(ry
まぁ実際になるならもっともっっと勉強しなくちゃw
ちなみにNSRオーナーズバイブルガチで買おうか迷ってた時期がw
2009/02/03(火) 16:16 | URL | domin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dominbeetle.blog116.fc2.com/tb.php/255-7ba92adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。